沖縄の絶景とともに穀菜をいただく カフェこくう

山道を車で登った先にあります。

 

秘境!と言っては言い過ぎか。

 

しかし、よくこんなところを見つけたと感心します。
そのおかげで、私たちはこうやって絶景を拝めるのですが。感謝

 

とにかく絶景!

 

店内に入ってみると、大きな窓から見える絶景がまず目に飛び込みます!

 

言葉で言い表せるかどうか。

 

まず、頭上には広大な空の青!

 

次に、ずうっと遠くまで続く静かな海の碧!

 

そして、足下には今帰仁の原生林がうごめく蒼!

 

これでもかというほどに、沖縄の雄大な自然が詰め込まれています。
いや、広がっています。

 

その美しさは、「こくう(虚空?決めつけちゃった(^.^;))」という店名が十分にものがたっていますね。

 

大きな窓のそばのテーブル席の他に、絶景へ向かうテラス席も用意されていますよ!

 

こくうプレート

 

さて、人気メニューは1,200円の「こくうプレート」です。

 

プレートにはセロリ葉のつくだ煮や、きゅうりとみょうがのしば漬け風など6種類の副菜。

 

別皿でサクナとハンダマ(どちらも沖縄の野菜です!)の天ぷらに大根の煮物。

 

そこに黒米ご飯とみそ汁にが付きます。

 

これなら男子顔負けに食べなきゃ気が済まない私でも、おなか一杯になりそう。
1,200円ですから、場所を考えなくても、値段的にも大変リーズナブルなのではないでしょうか(\.\)

 

和食とマクロビのハーモニー

 

景色だけで料理はがっかり…
という話はよくききますが、こくうは違います。

 

2008年までは千葉にお住まいだったご夫婦で厨房に立たれているのですが、

 

ご主人はそれまでは和食の料理人として活躍されていたそうです。
それなら、料理の腕は確かですよね。

 

そして、奥さまはマクロビのスペシャリスト。

 

「マクロビ」です。「エアロビ」じゃないですよ。
まぁ、健康に良いことでは同じですが。(←オイ)

 

玄米などの穀物や、野菜、海藻などを中心とした食事法のことをマクロビと呼ぶそうです。
厳密には他にも細かいルールがあるそうですが。
まぁとにかく健康に良いのです。
適当ですみません。

 

絶景と自然食のカフェこくう

 

場所は国頭郡今帰仁村字諸志231-138
コンドミニアムとして開発されている「サンシティ希望ヶ丘」の一角にあります。
コテージを借りて、ここを拠点にレンタカーで沖縄観光はいかがでしょうか?
営業時間は11時半〜18時で、日曜と月曜はお休みです。?

 

page top