沖縄家庭料理の老舗 かっぽう山吹

名護市内の一角に上品にたたずむかっぽう山吹。
定食屋からスタートして47年。地元の人に今でも愛される味を紹介します!

 

今回はカフェではありませんm(__)m
本格割烹ですよ(*^_^*)

 

沖縄のおふくろの味

 

こちらは、観光客向けに沖縄の味を紹介するような、シャレたカフェではありません。
沖縄に生まれ育った地元の人たち、しかも約半世紀にもわたって愛されてきた店なのです!(拍手!(^O^))

 

そこで「沖縄家庭料理」を看板にするわけですから、これはタダモノではありませんね。
だって周りはぜんぶ、沖縄の家庭なんだもん。

 

現在の店主は2代目の新里清光さん。
女将さんと2人で老舗を切り盛りしています。

 

沖縄人が認める、沖縄のおふくろの味とは?

 

食文化を食材から守る!ファーマーズマーケット

 

かっぽう山吹の野菜は、ほとんどを名護のファーマーズマーケットから仕入れているらしい。

 

…ってか、ファーマーズマーケットってなんだ(?_?)

 

沖縄のJA(農協)が経営する、地元の農家の直売所のことだとか。
つまり地産地消ですね。
安くて安心なものを食べられます。

 

しかし!

 

ファーマーズマーケットは地産地消だけじゃない!
じつは、大学など研究機関と連携して沖縄の在来野菜を守る活動もしている。

 

おかげで、いつまでも沖縄の味が残るわけです。感謝

 

そんなわけでかっぽう山吹では、昔から脈々と伝わる沖縄のおふくろの味が楽しめるわけです!

 

地元のブランド牛を、地元野菜とともに

 

目玉となるコースは、モトブ牛の石焼にジューシーとイナムドゥチ(\8,000)です!

 

…って、これだけきいても、わけわからんですね(+_+)

 

モトブ牛は、本部町(もとぶちょう)のもとぶ牧場で生産されたブランド牛のこと。
飛騨牛や但馬牛とも並べられる、日本のトップブランドです!
そのとろけるように甘い牛肉を、石焼で丁寧に調理していただきます。

 

ジューシーは炊き込みご飯のこと。
ジュースではありません。
沖縄ではこう呼ぶのです。

 

イマムドゥチの「イナム」はいのししのこと。
沖縄風の豚汁ですね。

 

それぞれお椀に盛られたジューシーとイナムドゥチを、上品にいただきます。

 

そのどちらにも、地元の沖縄野菜がたっぷり。
まさに、家庭の味です。

 

家庭料理の店 かっぽう山吹

 

かっぽう山吹は、日曜日が定休日。
月〜土の昼11時半〜14時半、夜18時〜21時に営業しています。
住所は名護市大東1-7-19。お客さんには地元の人も多いかも?

page top